雨のち晴れ

40代主婦の考え事・いろいろ

プールで見かけた忘れられない人々

毎日、もの凄い暑さです。

連日プールに通いつめている私ですが、何も好きで行っているわけではありません。

夫がプール好き否、プール狂だからです。

家族の飲食物の用意、車の運転、帰宅後の後片付けなど、すご~く疲れます…

お金もかかります…

 

そんな中でも人間観察という密かな楽しみを見つける私。

プールでは凄い人やおもしろい人々をたくさん見かけます。今日は私の中で忘れられない、印象に残る人を紹介します。

 

「監視員なりきりおじさん」

どこのプールでも、休憩タイムがあるのですが、波のプールにそのおじさんはいました。

おじさんは、休憩の少し前当たりから監視員のお兄さん同様、両手を広げて、「上がって下さあい」とお客さんを誘導します。

訳もわからず、お客さん達も素直に従っています。休憩タイムになるたびにおじさんは出没します。

ただのお客であるおじさんがなぜそのような行動にでるのかは謎のままです。

 

 

「脱いだらすごいパパ」

ある時、お隣の有料席に幼稚園位の男の子2人と赤ちゃんを連れた若いご夫婦がいました。

眠っている赤ちゃんと上のお兄ちゃん達のプールとを夫婦で交代しながらみている、なかなかチームワークのよいご夫婦だなあと眺めていたのですが…

さあ、帰るかと着替えを始めたパパ。白い長袖の水着を脱いだその時、目に入ってきた背中には、あまりにも立派な彫り物が!

人は見かけによらないというか、最近のあちらの方はいかにもという感じではないのだなあとつくづく思ったのでした。

 

 

「流れるプール真横で着がえを完了させるママ」

さあ、そろそろ上がるか、と帰りじたくを始める時間です。流れるプール近くに小学生位のお兄ちゃん2人と赤ちゃんを連れた小綺麗なママがいました。

小寒くなって、胸からラップタオルをまいてます。

ママはクーラーボックスなどまとめながら、流れて来るお兄ちゃん達に「あと〇周だよ!」と声を掛けています。

気がつくと、さっきまで水着だったはずが、シャツに着替えてます。

まさか、ここで着替えるか?しかも色んな人が流れてくるこんな目立つポイントで?

観察していると、水着を脱いではシートをたたみ、パンツをはいたらテント片付け、を繰り返すことで、いかにも「私、着替えてます」という感じにならないのでした。

片付けてると見せかけて、実は着替えてしまうという神ワザです。

1人で赤ちゃんとやんちゃざかりのお兄ちゃん達をプールに連れてくる、エラいお母さんです。「がんばれ~!」とエールを送りたくなりました。

 

 

「じゃぶじゃぶアドベンチャーを支配したお父さん」

子供プールで小さな小山の滑り台で何人もの小さい子がキャッキャ言いながら遊んでいます。

見守る親達の中にそのお父さんはいました。

お父さんは息子が下にいる子がどいてから滑らせようと、

「待て、待て。はい、よおい、スタート!」と声を掛けていました。ぶつかったら危ないですからね。

息子は滑り台がえらく気に入った様子で滑っては上にかけあがり、座ってスタンバります。スイッチの入ったお父さんはそのたびに

「よお~い……(しばらくタメが入る)……スタート!」と高校陸上総体さながらの素晴らしい声をかけます。

何十回か繰り返すうちに、他のチビっ子もお父さんの掛け声に従って滑り降りるようになりました。

息子はますます面白くなってしまったようです。お父さんは「もう、いいだろう」と言うのですが、息子は「早くよおいスタート言ってよお」とせがみます。

その他のチビっ子達も期待の目でお父さんを見つめています。引くに引けなくなってしまったお父さんは「よおい!………スタートっ!!」係をその後延々とやるハメになってしまったのでした。

しまいに座り込んでしまったお父さんは誰に言うでもなく

「……俺だって好きでやってんじゃねんだよぉ……よお~い、スタートぉ!」と言っていました。

本当にお疲れ様でした。

 

読んで頂いて、ありがとうごさいました。