読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨のち晴れ

40代主婦の考え事・いろいろ

とんでもアプリ『斉藤さん』で見られる子供達のゲス現象

次男がスマホを持っているR君の家におじゃまして遊んで帰ってきた。

「ママー今日スゲー面白い事あった!」

と言うので、なに?なに?なにー?とよりによって3男まで一緒になって話を聞いてみたら、とんでもない話だった。

『斉藤さん』という、知らない人と喋ることのできるアプリがあり、

→R君が女のふりしてちんこ見せてと言ったら、斉藤さん(知らない大人)が陰部を出した

→次男が思わず、うわっ!きったねー!毛モジャモジャじゃん!と言った

→R君がしー!しー!と言ったが時すでに遅し

→速攻切られた

→すごく面白いアプリだからママのスマホに入れてよ

という話。ってとんでもない話だ。

なんなんだ?そのアプリ?出会い系か?

 

私はカーッと血圧が上がり、これだから子供にスマホなんて持たせるもんじゃないのだとか、お前はすぐに流されて善悪の判断もつかないのだから、R君と遊ぶのは今臨済禁止だとかを叫び発狂したくなったので、一呼吸おくために近所のスーパーに買い物に行った。

つきなみではあるが、不特定多数の人と話す事の危険性を具体例を出してたっぷりと説教しようと思ったが、それだけでは自分達のゲス加減を本当に理解するのに弱い気がした。頭ごなしに怒るとますます親に言わない事が増えてくる点も考慮しなければ…

 

『斉藤さん』は中高生の間で随分と前からかなり流行っているらしいが、私は知らなかった。

無料で気軽にいつでも誰とでも通話や中継が楽しめるアプリ。=無料で気軽にいつでもカンタンに変態とお話しが出来るアプリ。無料…ハードル低い。

  子供達が愛して病まないYouTubeも見てみた。ああ、これかと思ったのは、斉藤さんアプリを使って若い学生風の男の子が女子高生の振りをして変態を騙す動画だ。こういうのが小学生にうけるのだ。まねして斉藤さんアプリを実況してアップする小学生までいる。

 

斉藤さんアプリは小中学生が夢中になるいくつかの要素があるように思った。

まず、無料。無料だから親に内緒で又は親と交渉しないで簡単に遊べる。

次にスリル。好奇心旺盛な子供にとって、面白い大人=如何わしい大人は興味津々なのだという点。変態ってどんな人?怖いけど、見たい、聞きたい、話したいという気持ち。

最後にいたずら心。常に刺激が足りず、何か面白い事はないかなと探している子供にとって、いたずらはビックリさせるところを見られるので楽しいけれど、常に怒られるというリスクが付きまとう。一方、知らない他人であれば、(怒られないという点でのみ)リスク回避できるし、そもそも、悪い事をしているのは変態の方なのだから。

 

女子高生に自分の陰部をみせて満足している変態には吐き気を催すが、一先ずここでは別の問題として置いておきたい。

私は若者達がこの斉藤さんを使って変態をまんまと騙し、「バーカ!」と狂気乱舞して喜ぶ姿を見て、不快感を感じた。ぜんぜん面白くないし、何年か前のホームレス狩りやおやじ狩りを連想した。

 何か、刺激的な事はないか、面白い事はないか、そうだ、変態をいじってやろう。

ホームレスの小屋に爆竹をぶち込んでビビらせよう。

酔っ払ったオヤジをボコしてみよう。

つまらないから、おとなしいあいつをクラスでシカトして遊ぼう。

軽くみないでほしい。ホームレス狩りと変態騙しの思考は一緒ではないのか?その楽しい遊びはゲスではないのか?

私は多少でも欠点があったり、弱いと思われる人間を見下げて面白おかしく楽しむ行為を断じて許したくない。それこそゲスの極みだ。恥を知れと言いたいのだ。

 

もう一つ言えば、「それは違うだろう、楽しければ何だってありなのか?」と問われれば、変態は騙されて当然。ホームレスのような社会のゴミには何をしても構わない。例えばちょっと空気を読めない奴がいじめられるのは当然の成り行きだと、あらかじめ逃げ道を作って自分を正当化しようとする、その姑息さが嫌だ。

 

 小学生が大人さながらに動画をアップする事には言いようのない感情がつきまとう。怒りというか、不安というか…あの子達は大丈夫か?将来ユーチューバーになりたいのか?何が楽しいのか?アクセスが増えると認められた気になるのか?聞いてみたい。

部屋の中でくだらない動画とってないで、外に出ろ。今、本気で友達と関われ。小学生の今、友達と遊んだリ、ケンカしたりしてたくさん失敗しろ。そのほうがよっぽど刺激的だと言いたい。

 

スマホにフィルタリング等の対応も必要だと思うが、最終目標はどんな情報でも自分で善悪の判断をし、選択できるようになる事だ。

 

人の品格とは何だろう。

ゲスな行動とはどんな行動だろう。

 

今回私はこの点を強調して、何度でも繰り返し次男に話そうと思っている。