雨のち晴れ

40代主婦の考え事・いろいろ

はやまった1000円カット

合宿前に髪を切っておこうという、ということで次男を連れて1000円カットに行った。

 

おっ、空いてる。ラッキー!

おじさんが1人しかいないじゃない。券売機でカードを買いながら、暑さのせいで、ふっとよからぬ考えが…私も切っちゃおうかな…という考えが頭をかすめた。暑くて、暑くて、本当に鬱陶しい。どうせ縛っちゃうんだからどこで切っても同じでしょ。空いているし…切っちゃおうかな…切っちゃおうかな…切っちゃえ!と勢いでカードを2枚買ってしまった。

 

呼ばれてまずは次男が座る。刈り上げないで下さいとお願いしている。なにぃ?思い切って切るんじゃなかったの?おしゃれスポーツ刈りにするって言ってたじゃん?と思う。

ここで私の内弁慶の性格が出てしまう。病院と美容院が苦手なのだ。こんな歳になってもまだこういう場所では借りてきた猫みたいになってしまって、横から口を挟めない。

 

おじさんが終わると、普通に「どうぞー」と言われて次男と並んで座る。次男が悪そうな顔をしてニヤリと笑う。ふん!と思いながらお任せする。

 

痩せたおじいちゃんが入ってきた。

あらら。こんな暑い時間に大丈夫かしら?もっと涼しくなってから出てくればいいのに。

 

そうこうしているうちに、同じマンションで長男の同級生のA君とそのお父さんが入ってきてしまった。

やっだぁ…ここで知り合いに会うのは気が引ける。やだぁ…もう。早く終わらないかなあ…

 

A君親子に続いて、さらに汗だくの営業マンが入ってきて、瞬く間に4人待ちになってしまった。なんだか混んできちゃった、やだぁ~。

 

別に気にしなけりゃいいのかもしれないけど、なんだか間違って男湯に入っちゃったような気分。どうも居心地が悪い。

 

程なくしてカット終了。A君のお父さんに引きつった笑顔で会釈する。あれ?ああ、どうも。ガンボさんか。という表情。なんだ、気がついてないならとぼけてそーっと店を出ちゃえばよかった。それも、感じ悪いか…

 

ちょっと早まったかなあ…

でもスッキリした。

 ああ、でもやっぱり、 やっちまったのかなあ…